読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKEMOKU

仕掛け無し

大人たちの固めたバリケード
心の奥底の内側まで音が漏れるように

 

カントリーロード/ハルカミライ

 

当日券にて、お邪魔しました。O-Crest 私大好きだ。あのクソ長い階段すら愛おしいんダヨ。

いやはや、見に行けてよかった。

SIX LOUNGEが1年前に見たあの日より 圧倒的に貫禄というものが付いていたし 「ライブは勝ち負けでやってる」これ私も響いた。メリールーの必殺技感。あの日見たあの瞬間と重なる。既視感。うん。でもやっぱり僕も待っていたのは、ハルカミライである。

一曲目から拳の上がってる数が物語ってた。今日は こいつらの日だ。不器用なMCからのアストロビスタがもう瞳の奥の涙腺とやらを こねくり回された感じ。21世紀大好き。「止まるなんて興味ない。進むしかない」

2バンド共通して言える "やっぱり ナインスだ"というあの感じ ライブハウスでしか見れないと思わせる ライブアクト。そして、翌日までズルズルに引くこの感じ。私大好きでネ。

こうやって 行きしなの電車でも思い出してる。