読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKEMOKU

仕掛け無し

大声で泣き出した 毛糸の帽子

空に浮かぶ星を取って 飾りたいと言う

 

Merry Christmas/BUMP OF CHICKEN

 

空に浮かぶ星を取って飾りたいと言う

って歌詞が秀逸すぎて思わず。順当に行けば今日からクリスマスっぽくなるんじゃないか?と思う。明日から祝日であるから。聖なる夜の字が違うカップルには目もくれず 早番の僕は電車内にてブログを更新。皆さん気になった曲はありましたでしょうか?はたまた、知ってはいたけど思わず聞いてしまった。って言うのもあるのでしょうか。んな事はこの際どうでも良くて、"月まで"について言わせてください。

月くらいなら迎えに行ったのにって歌詞は初めて 聞いた時に心を動かされたんだけどね 2回目 3回目。と聞いて「暮らしは良くはならない」の次に来る「髪でも切りに行こうぜ」の流れが好きすぎる。最高過ぎだろこの部分の歌詞の組み合わせ。肉料理と赤ワインとか フェスとビールとか もうこの上には何もありませんってレベルで100点のタッグ。女の子ってきっと 髪切った所でやり切れないの分かってる癖に 目に見える形で変わりたがる/変わった気になるのかな?って何となく、想像したりした。女心は一生分からないけどこのバンド聴いてたら随所に学べる事がありそう。男心はマイヘア聞いてりゃ分かります。女子の皆さん。星なんか見たくない癖に外に連れ出すのは 誰かと居たいから。言い方悪いけど誰でもいい。そんなような歌もあります。それでは張り切って出勤